×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

高齢 不妊

高齢不妊に悩む人が増えています

女性の晩婚化に伴い高齢での妊娠、出産をする方が増えています。その一方で高齢の方が不妊で悩むケースが多くなっているといいます。

近年では35歳以上の女性が不妊治療を受ける割合は確実に増えています。これは不妊の原因が加齢とともに卵子の質が低下してるからです。

また他にも高齢の不妊の原因として考えられるのが、子宮内膜ポリープや子宮内膜癒着症とも言われる、女性の子宮の病気です。これらが検査によって発見された場合には、治療をしてから不妊治療に望むのがよいでしょう。

また、病院での治療と並行して自分でもできることはやっておきましょう。肥満や極度の痩せは妊娠しにくいと考えられます。食事療法、運動療法、漢方療法して体質の改善に努めましょう。

毎日、基礎体温を計って自分の排卵日を予測するのも妊娠には不可欠なことだと思います。最近では「排卵日検査薬」というのもありますので利用してみるのもいいでしょう。

高齢不妊の治療方法

高齢の方の不妊治療と、若い年齢の方の不妊治療とでは検査や治療方法に違いがあるのでしょうか?高齢の不妊治療と若い方での治療の違い点の一つに、排卵誘発法の選択にあります。

高齢になると、排卵誘発法によっては全く効果がなく反応しなくなるということもよくあるのです。個人に合った排卵誘発法を選ぶのが大切になってきます。卵子の質を高めるのが高齢の方の不妊治療には効果があると思いますが、それには漢方がとても効果的です。

専門の先生に相談して服用してください。不妊の原因は本当に様々です。子宮位置の奇形であったり、子宮筋腫、排卵障害、そして生活習慣によるストレスも大きな原因といえると思います。不妊治療を考えるなら、夫との協力のもとで受診して、早めの治療を行うといいでしょう。

スポンサードリンク

看護士の仕事内容は?